ペットボトルで大胸筋を鍛えよう!!

ペットボトル

 

こんにちは。小野寺葉子です。

 

 

友だちに勧められて、バストアップのためにペットボトルで大胸筋を鍛えています。

 

 

普通はダンベルをつかっておこなう、「ダンベルフライ」をペットボトルを使って行います。もちろん、同じ運動をダンベルと使ってやってもいいですしね(*^^*)

 

 

わざわざダンベルと買う必要もないので、ペットボトルダンベル運動は超おススメです。

 

 

女性で特に力のない人は、ダンベルを使うのがなかなか大変です。まずはペットボトルを使ってダンベルフライをすることで、大胸筋を鍛え
バストアップに効果を見込めます。

 

 

ペットボトルダンベルフライ

 

 

ペットボトルは500mlのものに水を入れて2つ用意します。余裕のある方は1000ml 2000mlのペットボトルを使ってみましょう。

 

 

仰向けになり両手を肩幅に広げます。

 

 

ペットボトルを両手に持ちます。

 

 

軽く肘を曲げた状態で、腕を開いていきます。このとき腕を完全に伸ばし切っていると肘に負担がかかりすぎるので、軽く曲げた状態にしておきます。

 

 

腕を開いて、地面に手の甲がつくくらい(実際にはつく直前まで)腕を開いていきます。そこで1秒時ほど停止します。

 

 

腕を体の中心に向かって戻していき、体の中心でペットボトルが縦になるような位置まで持ってきます。

 

 

このダンベルフライのポイントは、決して勢いをつけず、「胸の筋肉のみを使って」イメージで行うことです。胸の筋肉でペットボトルを動かすことに意識を集中します。

 

 

これを20回やるようにして、できるようになったらだんだんと重くしていきます。

 

 

可能であればダンベルを使うとより効果的的です。

 

 

ペットボトルフライやダンベルフライは腕立て伏せより、さらに効率的に大胸筋を鍛えることができるので、おススメのバストアップの筋トレ方法です。ぜひ取り入れてみてくださいね^^

 

 

大胸筋を鍛えるとバストアップする理由

 

もし、ペットボトルの重さになれてしまったら、「ダンベル」を購入して重さの「負荷」を高くして同じことをすればいいです。

 

 

そうすればもっと大胸筋を鍛えられるので、重さに慣れて来たらダンベルの重量を上げていきましょう。

 

 

さらに大胸筋を鍛える女性向けの筋トレ

 

 

 

 

大胸筋を鍛えるというのが、バストアップにいいっていうのは間違いないのですが、大胸筋を鍛えるとどうしてバストアップするんでしょうか?

 

 

わかりやすく言うと、大胸筋はおっぱいの土台 そこを鍛えるとおっぱいがが垂れるのを抑えてくれる。

 

 

大胸筋を鍛えれば単純に「胸板が厚く」なりますよね。胸板が厚くなると当然おっぱいはその分バストアップしますし、

 

 

脇の部分や胸のの脂肪が少なくなって引き締まって見えます。ウエストに向かって細くなっていけばその分、スタイルも

 

 

よく見えるので、大胸筋を鍛えるメリットはバストアップにとってかなり大きいです。

 

 

また、おっぱいって垂れやすいんですよね。年齢を重ねていくとどうしてもバストは垂れてくるものですけど、そのバストの「垂れ予防」になります。大胸筋を鍛えるメリットは大きいですね。

 

 

 

大胸筋は筋トレしないと鍛えられない部分です

 

 

大胸筋は筋トレしないと鍛えられない部分です。足とか腹筋背筋とかは、階段を昇ったり家事をしていると自然と鍛えられる

 

 

部分ですけど、大胸筋て筋トレしないと鍛えられない部分なんですね。だからしっかりと鍛えてあげてバストアップの効果を狙って行きましょう。

 

 

あと、余談ですけど、筋トレすると筋肉がついて腕が太くなるとか思ってる女性がいます。

 

 

筋肉って、ジムとかでガチで筋トレして1年やってもそんなにつくものじゃありません。家でやる女性の軽い筋トレなら、脂肪が落ちて腕の筋肉が引き締まるくらいなので、逆に二の腕のダルダルな部分とが引き締まります。

 

 

これって、バストアップで大胸筋を引き締めて、しかも腕もひきしまるので一石二鳥なんですね。

 

 

なので筋トレというか、ここで紹介したくらいの軽い筋トレなら、スタイル維持という意味ではメリットはとても大きいです。

 

 

安心して筋トレをやってみてくださいね(^O^)/

 

 

 

 

トップページ